Ktxgsnjotje0i6eavmtc

ブロックチェーンで動くフリマアプリを作ってみよう!

【初心者向け/6時間】Solidityによる分散型アプリケーション(Dapps)の開発

   完成イメージ動画を見る

本教材について

Solidityを使って分散型のフリーマーケットアプリを作ります。



ブロックチェーン技術を基盤とし、中央管理者が不在でも自律的に動くアプリケーションのことを分散型アプリケーション(Dapps)といいます。BitcoinもDappsの1つです。Solidityは分散型アプリケーションの開発において、現在最も利用されている言語で、Ethereum(イーサリアム)というプラットフォームで実行します。本教材のゴールはSolidityを使って分散型のフリーマーケットアプリを作ることです。 分散型アプリケーションと聞くと難しそうなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、他の言語でプログラミングの基本を学んだ方であれば、Solidityの習得はそれほど難しくありません。あなたも分散型アプリケーションを作ってみませんか!?

このような方におすすめ

  • progateやdotinstallなどでプログラミングの基礎を学んだ方
  • 分散型アプリケーションの開発に興味がある方

本教材で得られるもの

  • Solidityを使った分散型アプリケーションの作り方

本教材で開発する主な機能

  • アカウント登録、出品、購入、送金、...etcといった取引に必要な機能
  • Webユーザーインターフェース

本教材で質問対応可能なOSや環境

開発にはWebベースのIDE(統合開発環境)を使用しますので、Google Chromeがインストールされている環境であれば質問対応可能です。



本教材はテキストで構成されており、自分のペースで学習を進めることができます。

この教材の講師


泉裕太
泉裕太

人工知能や数理最適化、ブロックチェーンを専門にしています。元々は機械系のエンジニアです。趣味はインラインスケートとバイク、大阪市在住。 izumi.yuuta@gmail.com


今すぐはじめる!